ハヤリ
あー楽しかった。

フットサル始めました。

ってまだ二回しかやっていないけど、

ビギナーズラックに頼って、ボールを追って駆け回っています。

いいですね、体を動かすのは。

ヨガもききますね。

体の芯が強くなる気がしますね。

そしてこれはハヤリのけしごむスタンプ。

b0049052_12541782.jpg


まんじうではありません。
[PR]
# by aquiaki | 2007-04-27 12:55 | journal
人の仕事
これまで、いろんな人に仲良くしてもらってきているわけで、

その人たちってのは、いろんなタイプの人がいて、

みんな、あたりまえだけど、それぞれの仕事してて。



ホテルで働いていた友達に、ちょっくらホテルの話題があって、

銀行で働いている友達に、銀行口座のことで聞きたいことがあったから聞いてみた。



ふと考えたけど、なんか楽しいね。アナログで。

魚を買いに魚屋へ、野菜を買いに八百屋へ、洋服作りに仕立て屋へ、つっかけ履いて行くみたい。

高校時代にはこんなこと思いもよらなかったけど、

グーグルにばかりお世話にならないで、もっと友達に聞いてみよう、と思った。

私も早く内装なら亜季に任せよう!とか言ってもらえるようになろ。

みなさん、よろしく。
[PR]
# by aquiaki | 2007-04-25 01:41 | journal
つい最近
とりとめもないことを考えながら自転車をこいでいたら、

早く進む方法をみつけた。

でも夜だと電気がうるさいんだな。





んーーーーーーーー

なるようにしかならないけど、どうなるのかな。

最近ちょっと元気になった気がします。なんとなく。ってここ3、4日だけど。
[PR]
# by aquiaki | 2007-04-15 10:20
トウキョウ
無意識に口ずさんでいる歌ってなぜその時の気持ちを表した歌だったりするんだろう。
不思議だ。

b0049052_105717.jpg

トウキョウの台所、築地に行ってみつけたサンドイッチ。
ジャムだけの懐かしーいやつ。

b0049052_10105371.jpg

Park Hyatt Tokyoからのトウキョウ。
田無タワーまでみえたよ。きれいでした。
[PR]
# by aquiaki | 2007-04-12 10:15 | photo
うさぎ
うさぎの絵をかいていたら、

なんでミッフィーの口がバッテンなのかようやくわかった!!



口が開かないのかと思ってた。
[PR]
# by aquiaki | 2007-03-27 11:41 | journal
嫌いな帰り道
いつも真っ暗闇をいやだいやだと自転車ですっ飛ばす。

でも今日はちょっとゆっくりこいでみた。

あたりを見渡してみると、

暗く青い世界に木々や家々が黒くフラットに現れ

舞台セットの中にいるようだった。

上を見上げれば、深海のような空にグレーの雲がまだらに幕をはり

空の大きさと深さがとても強調されて見えた。

空がでかい。

空はでかい。

誰かにとても話したくなった。
[PR]
# by aquiaki | 2007-03-26 02:07 | journal
ハナ
b0049052_17245438.jpg

ハルですね。
b0049052_1725531.jpg

ハナですね。





親友の力ってすごいものです。

親友の頑張りをみて、自分も頑張れます。

親友の幸せは、自分のことのように幸せに感じます。

親友からの励ましに、心から感謝します。

親友はもうファミリーなんです。

だから、マイファミリーはすごい人だらけです。
[PR]
# by aquiaki | 2007-03-21 17:48 | others
くすり
なーんだか、事がうまく進まず、気持ちばかりが先走り、

空回りで、暗闇の中にいるんだ、と友達に状況を話したことがあった。




「you need to find the beauty in your country」




どんな状況でも、一瞬でもいいからそれを思うと、すべての物の見方が変わるきがする。

嫌いだったものや苦手だったものがそう感じなくなる気がする。

いいおまじないだ。


b0049052_1152318.jpg

我が家の庭にさくアンズの花。
その反対側には実はキンカンがたっくさん実っていて黄色のポンポンがいっぱいあります。
[PR]
# by aquiaki | 2007-03-16 01:16 | others
ニガミ
ニガイ ニガイ ニガイ

漢方薬がニガイ

三年たっても五年たっても

顔がくしゃっとなるほど ニガイ

でも 信じているから 飲み続ける

よーうやっと効き目がすこーしずつ

でてきたかな



だから苦くったって、苦しくったって、

信じて続けると

いいことあるかな
[PR]
# by aquiaki | 2007-03-14 02:54 | others
空とボケ
ポカポカポカポカすでに春の空。
b0049052_183672.jpg


真っ赤に満開ボケの花
b0049052_18371554.jpg




ジキルとハイド、どっちを信じるか。
ジキルがハイドになってしまって、ハイドがジキルになってしまう可能性もなきにしもあらず。

裁判では白と黒をはっきりさせるのではなく、グレーの度合いを決めるのだ、と友達に習った。

白か黒かはっきりしたらすっきりするけど、
だめだったら中途半端にならないちょうど良いグレーでいけるとよい。
でもちょうどよいグレーの見極めも簡単じゃない。

いつ答えを出すか、いつ答えが出るのか。

できれば白で行きたい、生きたい。
犠牲になるものもあるけれど、白になればいいのは知ってる。
ただ、そうもうまくいかないかもしれない事はよくある。

はて、どうしたものか。



おかげでこんなに天気がいいのに
散歩の行きも帰りも足取りが重い。
[PR]
# by aquiaki | 2007-02-11 19:16 | photo
におい
最近、地元の国立によく出没しているのですが、

いい場所、お店、いろいろみつけます。

鼻がよく働いています。


6年くらい前にふらーっと見つけたアンティーク屋さんのおばさんがとても良い人で、

ずーっと寄っていないのに、毎回毎回何かあるたびにハガキを送ってくれます。

昨日もハガキが届いていたのを思い出して、久々に行ってみました。

場所もよく覚えていなかったのだけど、感で歩いていたら、

なんだか二階からあったかい明かりがもれているお店がふと目にはいりました。

んー、と様子を伺っていたら、なんと、その目指していたお店!

場所は最初に行った頃から二度もかわっているみたいで、

さらにカフェも始めていたようで。

昨日は遅くてカフェはしまっていたのだけれど、次回はカフェに、って約束してきました。

なんとなく雰囲気がかわったような、自分が変わったのか。



前にも書いたけど、素敵な骨董屋を大学通をもっと進んだところにみつけたし。



でも、どっちの骨董屋も、セールとか値下げをしていました。

どうしてそういう物の値をさげるのでしょうか。

価値があるもののはずなのに、お店に少しでも長くおいてあると

価値は下がるのでしょうか。

こわれているわけでもないし、骨董なんて多少こわれていたって、ほこりかぶっていたって

気に入ったから買うものだと思うし、って小さい求めやすい物の話ですけど。

それだったら、値下げをしているのではなくて、そのものがどうしても欲しい人がいて、

でもなかなか買えなくて、その熱意に値下げ、のほうがいいな。



そのあとは思いがけず IRISH PUBを発見!

GUINESSの文字に反応してしまいました。w

こんな近くにあったなんて、少々驚き。

のぞいてもいないので、どうかわからないけど。

誰か!!




では今日の一枚。
b0049052_1014924.jpg

ロンドンのとあるパイの有名なパブにて、とっても寒い日だったのでパイがすでに売り切れで
ステーキサンドを頼みました。おいしかったけど、次はパイ!!



昨日外で急に体調が悪くなって、ハーブティで休むために入ったスタバのレジのお姉さんが
飾りすぎてなくてとてもきれいな心を持っていそうで、ちょっと嬉しかった。
[PR]
# by aquiaki | 2007-01-30 10:18 | journal
気が向いたので
写真を小出しに載せてみようかなぁー。

お気に入りの店で
b0049052_2237831.jpg

あーあれもほしい、これもほしい、の図

b0049052_22374022.jpg

どの種にしようかなー、の図
結局ニンジンの種かったんだったかな。
ルッコラがほしかったけど、なかった。


なんと、今日で一ヶ月たってしまいました!
そして、今日はパソコンの保険がおりないという事が判明して撃沈。
どうしても無理なのかなぁ。。。しゅん。。。
[PR]
# by aquiaki | 2007-01-23 22:41 | photo
歌舞伎町
歌舞伎町のとあるビルにあるタイ料理屋さんにいった。

とっても不思議な空間。

日曜日の午後8時頃、店は満員でわいわいがやがや、

どういうグループなのか想像もつかないお客や、あ、お勤め前の腹ごしらえかな、といったお客、

場所柄もあり日本人かどうかわからない人ばかり。

店員さんはタイ人でかわいい日本語を話す。

まずシンハーで乾杯のあと、どんどん料理が運ばれてきた。

辛さマーク二つの料理が辛いっ!!

小動物のような友達が生キャベツを見つけてすかさず口にした様子は、まさにリスかうさぎ。

でも味はさすがタイ国政府が認定のレストランだかなんだかで、とっても美味。

スカートキツキツになるほど食べたのに、別腹に期待して、ライチとココナッツのアイスと、モーケンとかいう不思議なデザートをいただく。


食後みんな眠くなったのはどうしてだろう。



興味のある方はご一報を。場所と名前教えます。
[PR]
# by aquiaki | 2007-01-22 16:26 | journal
「自分にできることをしているだけ」
地球破壊の番組を途中からちょっとだったけどみた。



あるアフリカの遊牧民族は、地球の気温が上昇してしまったために、

2〜300トウいた家畜が全滅してしまい、町の近くに移り住み、薪を拾って町に売りにいって生活しているが、ほとんど売れず家族を養うのも本当に大変だと。

自慢の民族衣装をもすててしまった。その理由は、家畜ももういないのに、自分は死んだも同然だ、と。

このままだとその種族に未来はないらしい。



日本のコシヒカリもこのままではできなくなってしまうかもしれないらしい。




ある絵本の話。

森が火事になってしまった。

水を一しずくだけ運んでこれるハチドリは、一口ずつ火を消すために運び続けた。

ほかの動物たちは、そんなことしてももう遅い、というけれど、

ハチドリはいった、「私は自分にできることをしているだけ」




お風呂に入っている間、部屋をあっためておこうとエアコンをつけ、

ちょっとゆっくりしてしまった自分を恥ずかしく思った。

何枚も重ね着しているけど、もう一枚増やしてみよう。

ちょっと寒いからってすぐストーブつけるの控えよう。

お風呂の後いつまでもプラプラするのやめよう。

白熱灯のほうがすきだけど、暖色系の蛍光灯にしよう。



日本のこの素敵な四季もなくならないように。

今できることをやろう。
[PR]
# by aquiaki | 2007-01-17 00:52 | journal
先日
ロンドンで知り合った方にうれしい言葉をかけていただきました。

別のとてもお世話になっている方にも素敵な言葉をいただきました。

やはり、とても元気になりますね。うれしいです。



最近は近くに素敵な骨董屋をみつけ、

そこでかわいい鉄製鍵型のフックをみつけた。

ろうそくの火消し鳥なんていう金色のはさみ型で刃の先に小鳥がついたのもあって、それもよかった。

別のお店では、新しいアーティストの本にも出会った。

知らなかったガラス作家も人に教えてもらった。

新しいものがぽつぽつ増えている今日このごろです。

古いものはずんずん深くなっていく今日この頃です。
[PR]
# by aquiaki | 2007-01-12 02:29 | journal
びっくりだね。
いやぁ、ここんとこ、帰国で荷物まとめたりとか、

今は部屋の大掃除をしているのだが、

どこからこんなに物がでてくるのか!!

いやぁ、収納ってすばらしい!

コレだけのものを隠してくれていたなんて!



手紙が詰まった袋がでてきたりとか、

なーんで?あー、そういやとっといたかも。。とかいうのとか。

写真もね。


はい、仲良しの皆さん、あなたたち、だいぶ面白く写っています。w

あーんなのとか、こーんなのとか。ひょうきんですねw

ありがとう。

おかげで掃除が楽しいです。w



最近はデジカメでパシャパシャとって、データとしてもっているのだけど、

今回ラップトップを盗られてしまって、

どの写真をなくしたのかよく思い出せない。

バックアップチェックしてみればだいたいわかるのだけど。

いつの写真がいつだったのか。。

写真をみようと思わないとなかなか見ないし。

その点、アナログで残っている写真はポロっと思いがけず現れてきて、

ばーっとその時の思い出が出てきて楽しい。

でもデジカメは便利なんだな。

使い分けたらいいんだろね。フラットメートがやってたように。



漢字もそうだけど、デジタルになっていくほど、忘れっぽくなったな。



忙しさにまぎれず、一つ一つ丁寧にやっていけばいっか!


それにしても、思い出旅行って楽しいわー♪



今日はまたイローンナ人に会うからこれまた楽しい思い出増えるね。わーい
[PR]
# by aquiaki | 2006-12-29 11:24 | journal
東京人
東京人らしく?、今日パジャマを買ってみた。

いいですね、こうあ、あたし寝るんだ、っていう自己暗示みたいな。

気に入った。

しかも、上下しましま。

わかる人にはわかる、上下しましま。笑

なんだか、私はしましまか水玉が好きらしく、気付くとその二つが多くなっていがち。

今までの部屋着はしましまのゆるゆるズボン。

ときどき、上に着ていたセーターとか脱いでリラックスしようと思うと、

気付いたら上下しましまだったとかよくあるわけです。

しかもついうっかりやってしまうからね。

一時期スリッパもしましまだったし。

そんなにシマウマになりたいわけでもないのに。



ま、今日は新しいパジャマが嬉しいわけで。

明日は美容院だしー。


しかも、携帯買ったシー!

わーい。

ロンドンの人ともテキストできるやつよー。みんなー。

送ってねー♪

待ってるわー♪

あー、東京人になってきたかな。
[PR]
# by aquiaki | 2006-12-26 02:21 | journal
オーロラの旅
ただいまー。
ご無沙汰でーす。

いやぁ、本当に大変でした!
二週間前に引越しをして、そこからはネットが使えず、
ブログに書きたいこともかけず、そうこうしている内に、
少年泥棒さんにはいられ、あたいのマックをもっていかれちまいました!
あー。
最近の写真がきえちゃったよ。。
大家はラップトップにカメラ3つにアイぽっどに、サングラスに。。
かわいそうでした。

んー、帰国数日前の悲劇。

同僚に涙の別れをして帰ったところだったのに。


帰国二日前まで働いて、
連日の1時間半睡眠で、目のちらつきや手の振るえがあるなか、
重い荷物を抱えて空港に向かったわけですが、
スーツケースをあずけようとしたら30キロで減らしてみて28キロで
結局超過料金£130!
だいたい¥25000!んーいたいね。

その時12時で、フライト1時、12時半にゲートしまるからねー。って言われ、
料金払ったときは12時20分!
記憶によると、ゲートにたどりつくまで、大急ぎで走り続けて20分くらいあったような。。

これはまーずーいー!

それなのにセキュリティーで手荷物一つといわれていたわたしは、
肩掛けバッグ、大きめトートバッグ、さらにコートをいれたふくろを持っていて、
そのトートになんとか詰め込んでいたのだけど、あふれ出ているからだめ!といわれ、
なくなく、靴二足とかすてて。
そのあとまた必死に進んでいったら、あれ?というほど早くゲートについたのです。
なんだか、改装されていたみたい。
なんかゆーっくりあるく日本人がいるなーと思っていたらそういうことだったみたい。

一人でハーハー、汗をかいていたのに、飛行機は霧のため、結局30分は遅れた。
どーっと疲れましたよ。

飛行機が動いてからは、霧を抜けると、とてもきれいな夕日がみれて、
上から見下ろす霧のかかった城はとても不思議なきれいさがありました。

すぐに夜になってスウェーデンやフィンランドの上は暗闇のなかに
オレンジ色の塊がポンポンできていて、とてもすてき。
去年いったストックホルムはあそこかなー、なんて考えながらね。

そのあとは、ロシアにむかうにつれ、何もみえなくなるのだけど、
オーロラはたくっさんみれました!
これ、そうなのかな?っていうようなのもあったけれど、
広告によくのっているような、カーテンのようなのもありました。

これだから飛行機旅行はすきです。



んー、ロンドンまたいっちゃうかもー!
[PR]
# by aquiaki | 2006-12-23 21:54 | journal
飛行機の旅
次の飛行機の旅はヒースロー発成田行き、12月22日発の23日着になりました。

本当はもっともっといろいろな場所へ行ってみたかったけれど、

スコットランドも行ってなし、アイルランドもいってないし、

スウェーデンも面接の一泊だけしかいってないし、

ムーミンの国にも行ってないし、

パリももう一回くらい行きたかったし、

ポルトガルももう一回くらい行きたかったし、

友達のいるスイスとかオランダも行けなかったし、

モロッコもスペインの田舎もギリシャも南イタリアもいろいろいきたかったのに、

でも、あと数回しかない週末はロンドンで忙しくすることにしました。

荷物もある程度まとめてみたし、後はさらにいろいろ制作して楽しみます。


あと3週間ちょっと。一瞬なんだろうな。

ちょっと怖い。


さてさて。
[PR]
# by aquiaki | 2006-11-29 04:39 | others
片道切符を買う日
片道チケットを買う日が近づいてきました。
というか、もう買わなきゃ。

少し前に、この12月でロンドンで働くのを終わりにして、
日本に帰国することを決意しました。

ずーと、ずーと何ヶ月も毎日悩んだあげくの決断です。

今は毎日とても楽しく過ごしています。
友達も素敵な友達がまわりにたくさんいてくれて、
職場環境も、とても恵まれています。
今一緒に働いている同僚や社長、10人くらいだけれど、
ずーっと連絡をっていたい、と思える人たちなのです。
数人は本当に仲良くなって、週末もよく遊ぶし。
一緒に仕事をしていて、本当に楽しい。
「さみしくなるよ」ってふざけていったらまじめに「そうだよ」ってこたえてくれたり、
「亜季が帰っちゃうなんて、まだ信じられない」とか
彼らの実家に遊びに行こうかと一瞬考えたことがあって、
でも無理だったのだけど、「来年でも再来年でもいつでもおいで」って言ってもらえたり。
とても有難いこと。

二人の社長も、とても素敵な方で、
一人はよく冗談や面白い事を言ったりと社員とできるだけ距離を縮めようとしつつも、
社長らしさをちゃんともっていて、物事に対する考え方がとても素敵な方。
飲みによく誘っていただいて、とても楽しく酔っぱらえる、オフは飲み友達のよう。

もう一人もこれまた素敵な女性で、面倒見のよい方。
だれよりも働いて、疲れているはずなのに、それでも働いて。
とても身も心も美しい女性。
さらに、彼女のセンスはこれまたすごくて、はずれない。
彼女のデザインするものは潔くて、わりと男っぽいデザインなのだけれど、
家は真逆。アンティークのカヤックやオール、本、椅子、ラグなどで埋め尽くされていて
本当に暖かい家。
このギャップもまた素敵。

彼女に「亜季が事務所にいい雰囲気をもたらしてくれた」
と言ってもらえたことは、本当に嬉しい。

この二人を筆頭に、本当に十人十色の事務所でまだまだ勉強することは山ほどあるのですが、

本当にやりたい事を始めるために、帰国することにしました。

ビザの問題もなくはないけれど、それもきっかけ。タイミング。

今の事務所に入ったから、今こういう風にやりたいことがわかって、決断できたわけで、
この巡り合わせに感謝しています。

日本での転職活動のように、働きつつ、転職先を探す、というようにいかないので、
本当に一大決心でした。

またゼロからのスタートなので、とても不安ですが、
やりたいことがはっきりしたので、きっと大丈夫でしょう。

頑張ります。

帰国を悲しがってくれる仲間が数人いてくれるようなので、
その別れの辛さを無駄にしないように、

また帰国を楽しみにしていてくれる仲間がいてくれるようなので、
その再会の喜びのエネルギーを持続させて

前向きに生きたいとおもいます。


ロンドンのみなさん、あと数週間よろしくお願いいたします。
日本のみなさん、あと数週間後に会いましょう。
[PR]
# by aquiaki | 2006-11-16 08:25 | others


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31