<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
におい
最近、地元の国立によく出没しているのですが、

いい場所、お店、いろいろみつけます。

鼻がよく働いています。


6年くらい前にふらーっと見つけたアンティーク屋さんのおばさんがとても良い人で、

ずーっと寄っていないのに、毎回毎回何かあるたびにハガキを送ってくれます。

昨日もハガキが届いていたのを思い出して、久々に行ってみました。

場所もよく覚えていなかったのだけど、感で歩いていたら、

なんだか二階からあったかい明かりがもれているお店がふと目にはいりました。

んー、と様子を伺っていたら、なんと、その目指していたお店!

場所は最初に行った頃から二度もかわっているみたいで、

さらにカフェも始めていたようで。

昨日は遅くてカフェはしまっていたのだけれど、次回はカフェに、って約束してきました。

なんとなく雰囲気がかわったような、自分が変わったのか。



前にも書いたけど、素敵な骨董屋を大学通をもっと進んだところにみつけたし。



でも、どっちの骨董屋も、セールとか値下げをしていました。

どうしてそういう物の値をさげるのでしょうか。

価値があるもののはずなのに、お店に少しでも長くおいてあると

価値は下がるのでしょうか。

こわれているわけでもないし、骨董なんて多少こわれていたって、ほこりかぶっていたって

気に入ったから買うものだと思うし、って小さい求めやすい物の話ですけど。

それだったら、値下げをしているのではなくて、そのものがどうしても欲しい人がいて、

でもなかなか買えなくて、その熱意に値下げ、のほうがいいな。



そのあとは思いがけず IRISH PUBを発見!

GUINESSの文字に反応してしまいました。w

こんな近くにあったなんて、少々驚き。

のぞいてもいないので、どうかわからないけど。

誰か!!




では今日の一枚。
b0049052_1014924.jpg

ロンドンのとあるパイの有名なパブにて、とっても寒い日だったのでパイがすでに売り切れで
ステーキサンドを頼みました。おいしかったけど、次はパイ!!



昨日外で急に体調が悪くなって、ハーブティで休むために入ったスタバのレジのお姉さんが
飾りすぎてなくてとてもきれいな心を持っていそうで、ちょっと嬉しかった。
[PR]
by aquiaki | 2007-01-30 10:18 | journal
気が向いたので
写真を小出しに載せてみようかなぁー。

お気に入りの店で
b0049052_2237831.jpg

あーあれもほしい、これもほしい、の図

b0049052_22374022.jpg

どの種にしようかなー、の図
結局ニンジンの種かったんだったかな。
ルッコラがほしかったけど、なかった。


なんと、今日で一ヶ月たってしまいました!
そして、今日はパソコンの保険がおりないという事が判明して撃沈。
どうしても無理なのかなぁ。。。しゅん。。。
[PR]
by aquiaki | 2007-01-23 22:41 | photo
歌舞伎町
歌舞伎町のとあるビルにあるタイ料理屋さんにいった。

とっても不思議な空間。

日曜日の午後8時頃、店は満員でわいわいがやがや、

どういうグループなのか想像もつかないお客や、あ、お勤め前の腹ごしらえかな、といったお客、

場所柄もあり日本人かどうかわからない人ばかり。

店員さんはタイ人でかわいい日本語を話す。

まずシンハーで乾杯のあと、どんどん料理が運ばれてきた。

辛さマーク二つの料理が辛いっ!!

小動物のような友達が生キャベツを見つけてすかさず口にした様子は、まさにリスかうさぎ。

でも味はさすがタイ国政府が認定のレストランだかなんだかで、とっても美味。

スカートキツキツになるほど食べたのに、別腹に期待して、ライチとココナッツのアイスと、モーケンとかいう不思議なデザートをいただく。


食後みんな眠くなったのはどうしてだろう。



興味のある方はご一報を。場所と名前教えます。
[PR]
by aquiaki | 2007-01-22 16:26 | journal
「自分にできることをしているだけ」
地球破壊の番組を途中からちょっとだったけどみた。



あるアフリカの遊牧民族は、地球の気温が上昇してしまったために、

2〜300トウいた家畜が全滅してしまい、町の近くに移り住み、薪を拾って町に売りにいって生活しているが、ほとんど売れず家族を養うのも本当に大変だと。

自慢の民族衣装をもすててしまった。その理由は、家畜ももういないのに、自分は死んだも同然だ、と。

このままだとその種族に未来はないらしい。



日本のコシヒカリもこのままではできなくなってしまうかもしれないらしい。




ある絵本の話。

森が火事になってしまった。

水を一しずくだけ運んでこれるハチドリは、一口ずつ火を消すために運び続けた。

ほかの動物たちは、そんなことしてももう遅い、というけれど、

ハチドリはいった、「私は自分にできることをしているだけ」




お風呂に入っている間、部屋をあっためておこうとエアコンをつけ、

ちょっとゆっくりしてしまった自分を恥ずかしく思った。

何枚も重ね着しているけど、もう一枚増やしてみよう。

ちょっと寒いからってすぐストーブつけるの控えよう。

お風呂の後いつまでもプラプラするのやめよう。

白熱灯のほうがすきだけど、暖色系の蛍光灯にしよう。



日本のこの素敵な四季もなくならないように。

今できることをやろう。
[PR]
by aquiaki | 2007-01-17 00:52 | journal
先日
ロンドンで知り合った方にうれしい言葉をかけていただきました。

別のとてもお世話になっている方にも素敵な言葉をいただきました。

やはり、とても元気になりますね。うれしいです。



最近は近くに素敵な骨董屋をみつけ、

そこでかわいい鉄製鍵型のフックをみつけた。

ろうそくの火消し鳥なんていう金色のはさみ型で刃の先に小鳥がついたのもあって、それもよかった。

別のお店では、新しいアーティストの本にも出会った。

知らなかったガラス作家も人に教えてもらった。

新しいものがぽつぽつ増えている今日このごろです。

古いものはずんずん深くなっていく今日この頃です。
[PR]
by aquiaki | 2007-01-12 02:29 | journal


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31