<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
めでたい日
今日は初めての仕事だった。

ひさびさにとあるソフトを使ったので、作業が遅かった上に、

計算機片手に0.001%の拡大縮小で頭がイカレテ、

しまいには全く考えられなかった。おなかすいてたし。

まだ他の人の会話に途中から参加するなんて技量はありません。



とこんな日でしたが、会社のヘッドにベイビーが生まれたそうです。

みんなでモンキーのおもちゃをあげることにしました。

wooden monkeyをtimber monkeyって言った人がいて、

これはまさに職業病ですね。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-28 09:08 | journal
あー。
もう前の日記から一週間だ。

んで今週三月が始まる。

今日ハイドパークに小さなお花がたくさんさいているのを見つけた。

春ですね。




明日は仕事なので早く寝よう。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-27 09:36 | journal
空の旅
三週間弱の日本滞在。
前半はほぼ家で夕飯を食べ、おふくろの味を満喫し、
最後の週は大事な日本にいる友達との楽しい会合が続いた。

つかの間の羽のばしの記憶を土産に、飛行機へ乗り込んだ。
土曜日だったが、とても空いていて窓側二人席両方ゲット!

片道13時間、地球の裏側まで飛ぶわけですが、
その間の景色を見るのが一番の楽しみ。
普段見られない景色だし、訪れることなんてもってのほか、といったような
場所が上から見られるのだから。

一人でリアルgoogle earthだなんて心の中で騒いでしまった。

福島あたりが一面真っ白になって、雲の影がくっきり落ちているのに始まり、
シベリアの海のほうでは、海の水が凍り、ところどころ割れてゴーっと音を出しながら
動いていそうで、北欧では雪に埋もれた山脈が山水画のように白と黒の濃淡であらわれ、
フィヨルドは地図帳に載っているとおり複雑で、
一面雪しかない平な地面には細い道があり、そこをたどっていくと小さな街があらわれ、
南に向かうに従ってだんだん人が住めそうな環境になる。

絶対見つけようと、心に決めていたのが、ロンドンの家。
うちの建物はかなり大きく、飛行機からみえるとの噂を聞いていたので。
見えたー!
ハイドパークを見つけるまではかなりハラハラして、
見つけたあとはス、スと道をたどって、あったあった。

楽しい空の旅でした。



今回の入国は、1年半の学生ビザを切らした後のたった三週間後の入国なので、
観光ビザで入るのはかなり難しいだろうと、別室に呼ばれること覚悟で挑んだのですが、
あっさり、5秒でボンとスタンプ押してくれた!
「3、4週間の滞在で面接と観光」って言ったら、どうやら観光しか聞こえなかったようで、
しかも前の学生ビザを見つけなかったようで、「あ、観光ね。」と。
本当にラッキーだった。
一応日本に戻る用のフライトチケットも用意等、いろいろやってはいたのだが、不要だった。
嗚呼ついてる。
本当に良かった。

というわけで、このラッキーな波にのってまた頑張ります!
[PR]
by aquiaki | 2006-02-21 07:33 | journal
時間
自分が過ごしていた時間の速度感覚と、

まわりの時間の流れの速度がだいぶずれていたようだ。


自分が

|ーーー|

このくらいだとおもっていたのが
実は

|ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー|

こんなに変化が起こっていて、その差についていくのが大変だった。

でもそういえばそうだった。
ただ自分が自分しかみていれてなかったからだろう。

余裕を持ちたい。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-13 22:03 | others
週末
大学の親友の披露宴に行った。結婚式はグアムでもう済んでいたので今回は披露宴のみ。

行く前にピン札を用意するのを忘れていたので、いろいろお店を巡ったけど結局五千円札のピン札が手に入らず、ちょっと古いものをアイロンして。。
余興の準備も電車の中で打ち合わせして。会場つく直前にタクシーのドライバーさんにまで
「大丈夫かよぉー」なんて心配される始末。。
結果は、んー。
同じテーブルの人に「コント?」って聞かれてふざけてそうだなんていってたけど、
本当に軽くコントになってしまった。。泣かせる予定だったのに!!
ま、そんなハプニングも少々ありましたが。

友達である新婦はもともととてもかわいいこなのに、もっとかわいくて、きれいで、幸せそうで。
安心しました。

二次会にまた少し大学の友達が参加し、なんとなくミニ同窓会でさらに楽しかった。

夜は一緒に余興をやった友達の家に久々にお泊まりして、でもみんなわりとくたくただったな。
コンビニで小さなにごり酒と、いくつかおつまみ買って。
東京戻ってすぐはちょっと調子悪かったので、これが初の日本酒だった!祝!
コンビニって便利ですねー。本当に。

日曜はロンドンで仲良くしていただいていた人と蕎麦ランチ。
その後彼女の素敵なおうちにおじゃまして、コーヒーをすすりつつ
しゃべること六時間!!
びっくりですねー。しゃべりつづけましたねー。楽しかったですねー。
まだまだものたりない感じでしたが帰宅いたしました。

最近不思議なのが、ずっと日本にいた気分で、ロンドンの生活は夢の中だったかのよう。
だから街をみるのも、軽く記憶喪失にあっているようで。
さらに、日本にいた友達にあうのは感動的再会!と思いきや「おぉ。」と意外とお互い普通に再会して、ロンドンにいた友達に会うのは「久しぶりー!!」とそんなに久しぶりでもないのに。
とても不思議。

とにもかくにも、全部楽しいのでいいや。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-06 17:20 | journal
Oh gosh!!
今日友達との待ち合わせに向かうため、表参道を歩いていました。

あ、なんか新しい建物?
ん?こ、これは!!同潤会アパートの跡地ではないか!
しかも、今日はpressリリースの日!?

ポケーっといろいろ考えながら歩き続けました。

すると、何か視線が!こっちにくる!

「フジテレビですけれど、少々ご意見きかせていただいてもよろしいですか??」

え、えぇぇぇ!?

一瞬にして頭でさらっと考えていたことをまとめてはいたようだけど、
んー。。

「だめですか。。。?」

んー。。。

だって、野暮用帰りでスッピンだったし、まだ東京戻って来て初めての表参道で
状況つかめてないし、表参道ヒルズの中にだって入っていないし、
なんせ、いくら安藤忠雄とはいえ、ワキに流れている水とか意味ないし、
となりについているおまけのような前の面影を残した部分はどうみても合ってないし、とにかく普通ーーーー!!
なぁんて割と否定的だったもんだからそんなテレビの取材なんて受けるわけにはいきません!!

とまぁ、一瞬の間にいろいろ頭の中をいろいろな考えが走りぬけましてね。

最後のレポーターの顔はかわいそうだったけど、逃げました。

ただただ一人でびっくりして歩いておりました。

友達とお茶やらお店巡りをしたあとまた同じ道を通っていると、
どうやら今度はオープニングパーティー!
お金持ちそうな、有名人そうな人がゾクゾク到着していました。

とにもかくにも私のような一般ピーポーにゃ遠い話しですよ。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-02 23:43 | journal
ん〜
時差ぼけないというのはウソね。
午後3時〜5時頃は眠くてふらふらしまぷ。

えー。おいしいリポートその1。
朝はミルクがおいしかったけど、まぁいいとして、
昼。一人でラーメンいっちゃったー。
夜。トリビア見ながら、すき焼きー、茎わかめの煮物ー、ブリ大根ー、ししゃもー、白菜の漬け物ー、んで甘いイチゴ。

久々に、電車で寝た。ウトウトしたかったという一面もありますがね。
母の携帯を借りて、日本語でメールした。ハハ。
新宿ブラリ一人旅。その後駅の本屋で雑誌の立ち読み。でも全部同じにみえてあんま見なかった。。

キュロットにタイツにブーツという組み合わせのファッションの子の多さにびっくりね。
みんな一緒じゃーん!といってやりたかった。

あ、あと、MUJIの品の種類の豊富さに感激!
お店では大変丁寧な対応していただきまして。。
正直ちょっとやり過ぎじゃないか!?なんて思いました。。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-01 23:16 | journal
昔々浦島は。
一年半ぶりの日本は、とてもよく知っている風景で埋め尽くされているのだけど、
おとといも日本だった、といわれても、そうかな、と思ってしまうような感じなのだけど、
なにか、記憶がぽっかり抜けているような、とても不思議な気分です。
友達に毎日日記を更新するようにいわれたので、頑張ってみます。
ロンドンの仲間へ向けて、おいしい日記にしていきたいと思います。

ロンドンでゆったりと、最後のenglish breakfastを食べていたら時間がなくなって、
荷物検査の後は猛ダッシュ!という慌ただしい出だしでしたが、今は落ち着きました。

日頃の夜更かし生活なれっこのため、日本には朝11時、ロンドン時間の夜中2時に
ついたわけですが、ふんばって踏ん張って、ロンドン時間昼3時まで耐えて就寝し、時差ぼけなしです。わーい。

昨日はまず、地元から調査。
自転車にのって、ああそうだった、この自転車にのると膝の古傷が痛むのだった、と思い出しつつ、いつも通っていた道を行き、いつもと同じところで信号無視。あいかわらずいけませんね。
通っていた家具やがなんだかチープな路線になっていて、大変なショックをうけつつも、
やっぱそうだよね、この地域じゃ。。といいきかせながら散策。
夕飯は早速刺身をいただきました。ホホ。

今日は都会進出してきます。
[PR]
by aquiaki | 2006-02-01 09:38 | journal


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28