<   2005年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
あぁぁぁぁ
本を読めないときは、読みたい本がやまほど出て、

本にうもれているときは、つくりたいものがポンポンポンポン出てくる。。。

んーーーー!

昔マミーに言われた。そういうもんよっって。

そういうもんだね。

でも早く作りたいよーう!

じゃないと壁のいたずら書きが増えてしまう!

でも、作るのは、これを頑張ってやったあとのご褒美だに。

はぁ、本読むか。。。先は長い。。。涙
[PR]
by aquiaki | 2005-03-31 04:45 | journal
えーーーーー
幼稚園から使ってるはさみでさえ壊れたことないのに、
こっちでかったはさみがもう壊れてる!!

そりゃスーパーで買ったけどさ。。。。

でもステンレスだったもん。。。。

なんだよなんだよ!
[PR]
by aquiaki | 2005-03-29 01:39 | journal
フランス旅日記 3/25
最終日。寝坊はしたけど、朝ごはんはちゃんとたべられました。

朝の紅茶はマリアフレージュ!ウフフってしながらいただきました。

朝は別行動で、彼女はオルセーに、私はジャンヌーベルの設計した建物へ!

壁一面ガラスで、その内側はカメラのシステムを使った機材があり、
それで光を調節できるという建物。

どんなんなんだろう!

見えてきた!!
b0049052_131022.jpg

ふーん
b0049052_1314542.jpg

ふーん
一瞬で終わってしまった。
近くで日本人の男の子が携帯で写真撮っているほうが気になってしまった。
もっと影がでているのかと思った。

さてさて、もう一度友達ご合流して、さぁ、お買い物!

一番最初に入ったお店で女の子がいろいろ試着している。
何回もあれやこれや着て、店員さんと話して。。。
私たちが買った後もまだ店の中で見たもの見たもの試着。
ついにはお客さんにアドバイスまで始めてる!さすがパリ!
彼女と趣味がとことんかさなり、ちょっとなかよくなり店を後に。

この日は日向にでると暑かった。
いろいろあるきまわり、あんまりおなかもすかず、
お昼というか、おやつというか、食べたのはポールのクロワッサン。
おいしかった。

オペラ地区を後にして次はマレ地区。
前回パリに来たときは、建物ばかりみて、
なかなかこういったお店をみつけられなかったが、
ここにきて、やっとわかった。
次はもっと一日かけて回っても楽しそう。

時間はあっという間にすぎ、帰路につく。

タクシーにのってパリ北駅に向かうが道が込んでてすすまない!
そわそわ。
駅についてもどこがユーロスターのチェックインかわからない!
あーらこまった。
とっくに30分前きってる。
チェックインカウンターのそばにいた人にお願いして
先にチェックインさせてもたった。
フランス入国よりイギリス入国のほうが厳しかったなぁ。
でも感じのいい人でよかった。

水を売っている場所をそばにいたひとに聞いた。
イギリス訛りの英語♪思わずマネしちゃった。
もうそこはロンドンの気分。

ドーヴァー海峡をすぎ、見えてくる家々の見慣れた風景。
帰って来たよ。

友達にありがとうとさよならして、一人チューブに向かう。
ロンドンのチューブは汚いと思ってたけど、
パリより臭くないし、きれいだなーなんておもって
乗り換えようとしたら!
んーーー!!これぞロンドン!!
止まってる!!
20分くらいで帰れるところを、えんえん一時間!
これぞロンドン。

ただいま。
[PR]
by aquiaki | 2005-03-28 01:51 | journal
フランス旅日記 3/24
今日は念願の、念願の。。。あの日です。

不便な場所にあることで有名な。。。あの教会にいくのです。

朝、モーニングコールによる不快な目覚め。
また朝食抜きで出発は朝6:40
感じの悪いタクシーの女性運転手にお金を払い、
予約した電車に飛び乗った。毎朝ギリギリセーフ。

となりにすわっているのは日本人の女の子たち。
おなじとこにいくのかな。

ねむいくせにずーっとまたしゃべりつづけたこと三時間半。
Vesoul駅という田舎街で次の電車を待つこと一時間半。
あまり駅から遠出はしなかったけど、近くのお菓子屋さんでもあり、
パン屋さんでもあるお店へはいった。
まったく英語の通じない世界。身振り手振りで頼んだ
キッシュ、バナナのケーキはとても軽くておいしかった。
またしゃべっていたらもう駅にいかなくちゃいけない時間にあっという間になっていた!

次に乗った電車は、一両だけど、いっちばん綺麗だった。
車掌さんも、仕事を終えたら座っておしゃべり。いーなぁ。

やれ、つきました、Ronchamp駅。
初めて線路に下りた駅。
b0049052_0561751.jpg

なぁんにもない!!
ネットで調べたときは、駅を出てからサインにしたがっていけばいい、ってかいてあったけど、
聞く人もいなく、よくわかんなくてうろうろしてたら、たまたま出てきた人が指さしてくれた。
「どんどんまっすぐ行きなさい!」
やっとサインがあった。
あとは山登り。
左右木に囲まれたコンクリートの道を登ること30分。
ついにたどりついた。

ロンシャンの教会

まず入り口がわからず回りを一周。
それが心の準備となり、中に入った。

ひんやり。息がしろい。

。。。。。。

自然と涙のあふれてくる、優しさにつつまれた空間

「和」

美しい



写真撮影は禁止だったけれど、一瞬、だれも中にいなくなったので撮らせていただきました。
b0049052_183389.jpg

人が来てしまったのでぼけてしまったのが残念。。。

帰りの電車まで時間がかなりあって、天気も悪く雨もふり出し、
冷え切ってしまった体を暖める唯一のすべ、ホットドリンクもまったくきかず
途方にくれていたら、
朝同じ電車だった人たちの優しい心遣いで、タクシーにのって別の駅に向かうことができました。

帰りの電車よりも早いのにのってしまい、
車掌さんがくるのをびくびくしてまっていた。
車掌さんがチケットをみて困った顔をしたが、それに負けじと
お願い!っていう顔でチケット変えたいの!って伝えたら、
Okでした♪ありがとう車掌さん。

車掌さん、女の子たちのおかげで、予定より一時間はやくパリにもどってくることができました。

今夜も旅の最後の晩餐ということでシャンゼリゼの近くでおいしいおいしいごはんをモダンなおしゃれなレストランでいただくことができました。
でも登山帰りの格好だったから気持ち扱いが違ったかなぁ。

それにしてもすばらしい一日でした。
[PR]
by aquiaki | 2005-03-28 01:24 | journal
フランス旅日記 3/23
お風呂にお湯をはったままうたた寝6時間!あーあ。

朝食付のホテルなのに食べられないことに後ろ髪を引かれながら
朝6時半出発。

向かう先はモンサンミッシェル。
708年からある聖堂。
ピラミッド形の地形を包み込むように聖堂は建てられた。
聖堂のある山の周りは水なので、聖堂が水に浮いているように見える幻想的な場所。


実はバスで寝ていたために遠くから近づいてくる島を見逃してしまった。。。
なんてこった!やっちゃった!

b0049052_035689.jpg

島から外を見ると何もない。とても不思議。
ここがフランス、大陸に位置しているなんて意識はどっかにいってしまう。

迎えいえれてくれたのは静かな教会。高窓のステンドグラスから差し込む光に包まれている。
b0049052_012754.jpg


礼拝の行進を思わずリズミカルに行ってしまいそうな列中廊
b0049052_021242.jpg


修道僧たちはこの美しい光の中で食事をしていた。
b0049052_0285081.jpg


パリの豪華な装飾とは真逆ではあるが、光の装飾によりそれにも負けていない。
むしろ勝っている。

聖堂のまわりには小さな街が出来上がっている。
そこでオムレツは有名な食べ物。
これでもか、というくらいにあわだてて焼く。
b0049052_035298.jpg

なんだこりゃぁ。。。
切ろうとしたら、泡がモワモワモワモワでてくる!
ようは生!?
おいしくなーい!!ま、おいしくないって聞いてたけど。
二回連続美食の国にておいしくないごはん!!

今晩こそは!!
意気込んでお勧めレストランへ!
bon! bon! bon!
生のオイスター、貝、えび、ガーリック味エスカルゴ!
最高!
それなのに昨日より安い!
昨日のはなんだったんでしょう。。。

夜のエッフェル塔は綺麗だった
b0049052_5383099.jpg


大満足でホテルへ向かった。
[PR]
by aquiaki | 2005-03-28 00:41
フランス旅日記 3/22
前日、一緒に旅をする友達の家に泊まった。
久しぶりに、そのことちゃんと話す機会。
寝なきゃ寝なきゃ!何度言ったことか。
目覚ましのラジオが不快な音をだすまでずっとしゃべり続けた。

急げ急げ!

あっけない入国審査をパスし、ロンドンウォータールー駅出発朝7時。

ユーロスターってこんな狭くて汚いの!?
不満を伴う出発だったが、眠気にまけてグースカピースカ。

降りた駅はパリ北駅。
二日目、三日目の電車チケットを買うため並んだの一時間。
女の子が窓口の人とおしゃべりしながらずっと離れない。
後ろからカンカンにおこった女性の声。
「なに窓口でくっちゃべってんのよ!こんなに待ってる人がいるのよ!」
多分こんなこといってた。
でも残念ながらその女性と女の子の列は別だったので女性の怒りはあっけなく
「そんなに怒ってるけど、あなたと私の列違うじゃない。ハハハハハ。」
という女の子の言葉でどっかに追いやられてしまった。

パリの女の子は強い。。。笑って言い返した。。。

あっけにとられながら、次の目的地へ。
パリの端っこにある、とある家を目指して。
持っていた電車の切符はゾーン1-3。降りたとこはゾーン6!
随分と田舎にきたものだ。。明らかに雰囲気が違う。。。
そこからさらに地元のバス。
乗り場もわからず、バスのチケットもっていなく、
小さなインフォメーションセンターに入った。
日本人=サヴォア邸。すぐに教えてくれた。

バスでアナウンスもなくどこで降りたらいいのかわからず、不安な顔をしていたら、
となりにすわっていた高校生くらいの男の子が
「サヴォア邸にいくならここだよ」
よかったー

b0049052_23185195.jpg

降りた目の前にサヴォア邸。
なんか、違う。思っていたのとなんか違う。天気のせい?
でも中に入って時間がたつにつれだんだんわざわざきてよかったと思ってきた。
b0049052_23211794.jpg

そりゃそうだ、1930年と今とでは全く風景が違うもの。。。
コルビュジエの気持ちも考えてすこし寂しかった。
b0049052_23282175.jpg

素敵なお宅訪問でした。

パリ市内に戻ってから、すこしウィンドーショッピングをし、
友達に教えてもらったパリの食品庫といえそうな場所、ボンマルシェへ。
さすが美食の国!全部見切れません!

くたくたになって、友達お勧めのレストランにたどりつけず、
適当に入ったところは、いくらフランスでもちゃんと情報をしいれておかなければ
失敗するんだな。。。というほどまずかった!!
~ソースっていったってマヨネーズベース。
パスタぶよぶよ。

少し落ち込みながらホテルに帰った。
[PR]
by aquiaki | 2005-03-27 23:36 | journal
れんこん好きです
昨日の晩、冷蔵庫を見たら、豚のひき肉、ずっと使われるのを待っていたレンコンがいた。

ひき肉は今度使って、レンコンのきんぴらにしよかな。

まてよ、このひき肉とまぜて、和風ハンバーグにしよう!


と適当に創作して出来あがったレンコンしゃきしゃき和風ハンバーグは
とてもおいしかった♪

その残りをさっきベーグルにレタスとはさんで食べて
二度おいしかった☆

残り物たちの共同作業は見事に成功!
あーよかった。
[PR]
by aquiaki | 2005-03-27 22:11 | journal
I'm home!
第二のふるさと、ロンドンに戻ってまいりました!

英語!このイギリスなまりのこもった英語!
ほっとします。

パリは臭かったなぁ~!!
汚かったなぁ~!!

でも、パリらしいお洒落をしている人をみつけると、
あー自分がパリジェンヌだったらするかもしれないけど、
今はないなーなんて考えつつ、人間ウォッチング楽しんでいました。

でも、実際パリ中心部にいた時間は結構少ない!
移動時間、三分の一!?

でも、すごく楽しかった♪
[PR]
by aquiaki | 2005-03-26 09:30 | journal
明日から
美食の国、フランスに行ってまいります☆

わくわくわくわく♪

念願のあるところにいくのです!

一生に一度は絶対いくと決めていたとこ!

わくわくわくわく♪

朝六時に家を出発!


てるてる坊主を作って。。。
[PR]
by aquiaki | 2005-03-22 02:50 | journal
aki
香りのものをいろいろ売っている場所にたまたま行った。

「私を買って!あなたに買ってもらわなくては!」

って言ってくる小さな箱。

中にはすごく優しい香りのする。。。
b0049052_9461952.jpg

この香りのようになりたい。

でもHARUは臭かった!
[PR]
by aquiaki | 2005-03-20 09:49 | journal


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31